人生であきらめてきたこと、ありませんか?

私は、両手両足がない状態で生まれてきました。十度の身体障害者として生きてきました。本来なら、多くのことをあきらめなくてはならない境遇でしたが、それでも私はあきらめませんでした。

最初は誰もが「無理だろう」と言いました。

それでも私は自分でノートを取り、給食を食べ、多くの友人をつくってきました。バスケ部ではドリブルを磨き、試合にも出場しました。車の運転免許を取り、友人と旅行にも出かけました。最近では義足での歩行に取り組み、100mまで歩けるようになりました。

ただ、それを「努力」という話で片付けたくないのです。私はたまたま家族や友人、先生方のサポートがあったおかげで頑張れただけなのです。私は、たまたま運が良かったのです。

でも、そんな運に左右されるような社会でいいのでしょうか。

たまたま恵まれたクジを引いた人は生きやすく、たまたま恵まれないクジを引いた人は生きにくい。そんな社会を、公平だと言えるでしょうか。スタートラインがあまりに違いすぎるのです。せめて同じ場所から「ヨーイドン」させてほしいのです。

学びたいのに、お金がない。働きたいのに、仕事がない。家族になりたいのに、結婚できない。

この国には、多くの「あきらめている人」がいます。それは本人の努力不足などではありません。彼らには、選択肢がないのです。自分の人生を、自分で選ぶことができずにいるのです。だからこそ、私は一人ひとりに適した選択肢を用意することで、いま抱えている生きづらさを解消していきたい。そうして誰もがチャンスを与えられ、誰もが自分の人生を選べる社会にしていきたい。それこそが、まさに「政治」の仕事だと思っています。

「政治を変えるなんて無理に決まっている」

多くの人は、そう口にします。だからこそ、私は挑戦したいのです。あなたが未来をあきらめなくていいように。あなたが希望を捨てなくてもいいように。誰もがチャレンジできる社会にしていきたいのです。

私一人の力で変えられるとは思っていません。そんなに簡単なことではないと理解しています。でも、私たち一人ひとりが力を合わせれば、みんなの想いが重なれば、きっと実現できると信じています。あなたと一緒に、変えていけると信じています。

#私たちはあきらめない #選択肢をふやそう

一緒に、変えていきませんか?

乙武洋匡

人生で人生であきらめてきたこと、ありませんか?

私は、両手両足がない状態で生まれてきました。十度の身体障害者として生きてきました。本来なら、多くのことをあきらめなくてはならない境遇でしたが、それでも私はあきらめませんでした。

最初は誰もが「無理だろう」と言いました。

それでも私は自分でノートを取り、給食を食べ、多くの友人をつくってきました。バスケ部ではドリブルを磨き、試合にも出場しました。車の運転免許を取り、友人と旅行にも出かけました。最近では義足での歩行に取り組み、100mまで歩けるようになりました。

ただ、それを「努力」という話で片付けたくないのです。私はたまたま家族や友人、先生方のサポートがあったおかげで頑張れただけなのです。私は、たまたま運が良かったのです。

でも、そんな運に左右されるような社会でいいのでしょうか。

たまたま恵まれたクジを引いた人は生きやすく、たまたま恵まれないクジを引いた人は生きにくい。そんな社会を、公平だと言えるでしょうか。スタートラインがあまりに違いすぎるのです。せめて同じ場所から「ヨーイドン」させてほしいのです。

学びたいのに、お金がない。働きたいのに、仕事がない。家族になりたいのに、結婚できない。

この国には、多くの「あきらめている人」がいます。それは本人の努力不足などではありません。彼らには、選択肢がないのです。自分の人生を、自分で選ぶことができずにいるのです。だからこそ、私は一人ひとりに適した選択肢を用意することで、いま抱えている生きづらさを解消していきたい。そうして誰もがチャンスを与えられ、誰もが自分の人生を選べる社会にしていきたい。それこそが、まさに「政治」の仕事だと思っています。

「政治を変えるなんて無理に決まっている」

多くの人は、そう口にします。だからこそ、私は挑戦したいのです。あなたが未来をあきらめなくていいように。あなたが希望を捨てなくてもいいように。誰もがチャレンジできる社会にしていきたいのです。

私一人の力で変えられるとは思っていません。そんなに簡単なことではないと理解しています。でも、私たち一人ひとりが力を合わせれば、みんなの想いが重なれば、きっと実現できると信じています。あなたと一緒に、変えていけると信じています。

#私たちはあきらめない #選択肢をふやそう

一緒に、変えていきませんか?

乙武洋匡

このサイトは障害がある方にも配慮をして制作をしておりますが、
何かお気づきのことや改善点があればご遠慮なくお問い合わせください。

乙武 洋匡おとたけ ひろただ

作家。1976 年、東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒。
大学在学中に出版された『五体不満足』が 600 万部を超すベストセラーに。
卒業後はスポーツライターとして活動。
その後、小学校教諭、東京都教育委員などを歴任。
地域に根差した子育てを目指す「まちの保育園」の経営に参画。
2018年からは義足プロジェクトに取り組み、国立競技場で117mの歩行を達成。
2000年、都民文化栄誉章を受賞。